スポンサードリンク



スポンサードリンク

進研ゼミ 赤ペン先生って?

進研ゼミといえば、何といっても赤ペン先生ですよね。昔から「赤ペン先生」の名前で有名ですよね。毎月子供たちが送る模擬テストを採点・指導して送り返してくれる先生が「赤ペン先生」なのです。超難関の試験を突破した人だけがなれる、ベネッセの資産とも言える赤ペン先生は、その数18000人にものぼるそうです。
ベネッセ社員の9倍にも上ります。毎回違う赤ペン先生がその都度対応するのではなく、生徒1人に対し1年間の担任制をとっているんですね。何人の生徒を担当しているかは赤ペン先生のトップシークレットだとか!
ここで、ちょっとだけ採点を見せてもらうと…赤ペン先生専用の万年筆を使っていました。字の美しさも、赤ペン先生の売りの一つなのです。的確なアドバイスは当たり前ですが、「もう一息だね!」などといった、最後に書き加える一言が重要なんだそうです。
赤ペン先生になるためには模擬試験もあり、応対が優しい人を採用しているということで、誰もがなれるものではなく、とても狭き門だそうですね。
posted by 勉強スル三 at 21:00 | Comment(19) | TrackBack(2) | 進研ゼミ 赤ペン先生

進研ゼミと子供チャレンジの漫画

進研ゼミのCMです!!

進研ゼミの運営会社はベネッセですが、この会社が幼児向けに提供しているプログラムが「子供チャレンジ」です。

子供チャレンジと言えば皆さん思い出すのが漫画のしまじろうですよね。しまじろうは可愛い顔をしたトラのキャラクターのことですが、漫画好きな幼児たちですから、このしまじろうは大人気です。

この漫画キャラクターしまじろうは、子供チャレンジの教材だけでなく、しましまタウンというしまじろうと遊べるコミュニケーションパークや、全国各地でのしまじろうイベント、テレビ番組やインターネットサイト、そして携帯サイトまであるんですよ。

このしまじろうの漫画とかキャラクターものが欲しくて子供チャレンジに入る子供(入らされる親?)が多いのも理解できます。

少子化と言われていますので、こうやって幼児のうちから子供チャレンジに親しんでもらい、そこから進研ゼミ小学講座・中学講座と進んでもらうのがベネッセの狙いでしょう。
posted by 勉強スル三 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進研ゼミ 漫画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。