スポンサードリンク



スポンサードリンク

進研ゼミのサイトで漫画教科書の話題

進研ゼミのサイトで、漫画教科書の話題が載っていました。

これは、大阪のある出版社が高校の数学の教科書で漫画を多用したことが話題になっているという記事でした。

「高校の教科書に漫画??」と不思議がったり違和感を持つ大人も多いと思いますが、そこに至るまではいろいろな背景があるようです。

進研ゼミのサイト記事によれば、その数学教科書は約180ページ中、約70ページで漫画を使っていたとのこと。
確かに漫画の比率は随分と高いですよね。

内容としては、数学の嫌いな高校生がタイムスリップしてしまい、理解できるまで現代には戻れないというストーリーです。

ただ、これは検定時の話で、実際は検定でこの漫画の多さに検定意見がついてしまい、結果的には漫画は20ページに減ったそうです。

でも以前なら漫画を教科書に使うことそのものが「ダメ」と言われそうでしたから、20ページとは言え認められたということは、文部科学省もそれなりに必要性があるという判断をしているということですね。

進研ゼミは以前から漫画をいろいろと利用していますが、それだけ学習効果があるということでもあります。
posted by 勉強スル三 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進研ゼミ 漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88904980

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。